シネマレンズとカラーグレーディング
シネマレンズと
カラーグレーディング

弊社は、シネマレンズカラーグレーディングによる映像のクオリティを大切にしています。
これは、動画は作品ではなくツールであるという、最近の動画マーケティングの考え方の本流と逆に思われるかもしれません。
しかし、美しい映像は被写体の魅力を引き立て臨場感を演出し、映像に感情と深みを与え感動的に届けることができると私たちは知っています。

クオリティを上げることでの制作費や制作時間などのコストの障壁を、
少人数の制作チームと独自のプロフェッショナルネットワークで解決し、クオリティをあきらめることのない制作を可能にします。

<カラーグレーディングによる比較サンプル>
上:撮影素材/下:グレーディング後

スタジオを持つこと

クオリティを上げ続けるということは、
比例して制作作業量が増える事を意味します。
自社でスタジオを持つということは、
自社のタイミングで、制作に没頭できるようになります。
これは、動画撮影・写真撮影・音声収録・動画Live配信のクオリティを
上げ続けるという挑戦です。